2015年5月28日木曜日

美味しいとおいしいがあると思う。

「料理の美味しさは食材の切り方にあると思うのです。」

暮らしの手帖76
深澤直人さんの連載
暮らしのデザインは
こんな文章からはじまるのです。

私の気持ちを代弁してくれているかのようで、
目の前でしゃべっている深澤さんに
相槌を打つような気持ちで読んでしまいました。


私も子供のころ、
料理番組を観るのが好きでした。
知識を得たいからでなく、
その過程を観ているのが好きで、
番組を楽しみに待っているのに、
はじまったら気持ちよくて、
テレビの前でうとうと寝てしまう。
起きたら終わっていて、
毎回ショックを受けるのですが、
その眠りが気持ち良いのです。

うるさかったり、
癒されない先生の時の
落胆ぶりったら…


料理をするようになってからは、
野菜を切っている時が
料理番組を観ていた時のよう、
切るものに対しての
力の入れ方や包丁の持ち方、
ストレスなく切れる瞬間がある。
それを探るのが何とも楽しい。

そんな瞬間に出合えたら、
野菜たちも喜んでいるみたいで、
切った後も美しく並んでいるのです。
滅多斬りにされるのだから、
せめて、気持ちよく美しく斬ってやりたいと思う。





30日(土)は箕面のけんちくの種(http://tane-design.jp/)。
早﨑さんの器であまいもの、
「新緑の風」をお届けします。

2015年5月24日日曜日

5.23 スコップ•アンド•ホー

いつも来て下さるご夫婦がいて
お2人のお店での過ごし方が
流れる時間が素敵で
それを感じるのが好きなのです。

挨拶を交わすほどの会話しかしてないのですが、
お店で共有していた時間が、
言葉ではなく距離を縮めてくれている気がしています。

今月もありがとうございました。



ランチ
古代米いなり
夏大根のみぞれ汁
新玉ねぎと甘夏のマリネ
なばたけさんの赤大豆の甘煮
椿堂茶舗さんのほうじ茶

季節の浮島
檸檬と手亡いんげん豆の浮島〜豆乳クリーム添え〜



次回は6月28日(日)です。
来月の9日で2周年を迎えるスコップ•アンド•ホー、
なので、ちょっぴりスペシャルで行いますのでお楽しみに☆



2015年5月20日水曜日

山椒は小粒でもぴりりと辛い。

ここ数年、この時期にいただいている
霜月さんの「木ノ芽琥珀」


今年も素敵な方のご好意でいただくことができました。


この春は不調続き。
胃を壊し、
口唇ヘルペスができ、
風邪のような微熱が続く。


それが今週に入って
木の芽のおかげのように
すっと身体から抜けて
楽になってきました。

そうしたら、
新しい風が吹いて来たり、
ずっと悩んでいたことに対して答えが出せそうな…
そんなタイミング。

時々ふとある、
何かが切り換わる瞬間が
今週起こったような気がしています(笑)
季節が夏に変わったのでしょうか⁇

今週末、23日(土)はスコップ•アンド•ホーでのいなりの日です。
古代米いなりをたくさん作ってお待ちしております。

2015年5月17日日曜日

5.17 233

いそがしくなると冷静さを失ってしまいます。
意識して息を整えても、
とっ散らかったままの頭で進んでしまう。
確かな振る舞いができるようになりたいものです。


先月、あべのハルカス美術館で観た
「川喜田半泥子物語」の余韻がずっと残っています。

まだ手を加えたくなるような、
一歩手前でとどまっているのに、
圧倒的な存在感。
「未完の完」の世界。
自然の美しさのよう、
隙があるようで確かな佇まい。
この揺るぎない精神力はなんなのか…


寄り添える隙を持ちつつ、
安心感のある味を。
そんな世界を作って行けるように
精進して行きたいです。


「5月のランチ」
古代米いなり
季節のいなり(檸檬)
トマトとアスパラの春雨スープ
うすい豌豆の玉子焼き
新じゃがの梅肉和え
セロリのスルメ漬け
椿堂茶舗のほうじ茶








本日もありがとうございました。
次回の233は第3日曜日の6月21日です。





2015年5月10日日曜日

5.10 ミズタマ舎

本日もミズタマ舎にお越し下さり、
ありがとうございました。

ドアも開け放し、
風を感じながら、
ゆったりと気持ちの良い1日でした。




季節のいなり
うすい豌豆(えんどう)
檸檬(れもん)

ひと品
新じゃがいも羹(かん)
〜梅の香りを添えて〜

ほうじ茶
椿堂茶舗 「伏見」



喜びも、哀しみも、
色んな話をお聞きした1日。
今日は母の日でしたね、
すべての母に、
産んでくれてありがとう〜!


次回のミズタマ舎は、
6月14日です。